もうご覧いただけましたか?箱の中にあるわたしたち・・

最近、kay me BOXを新調いたしました!

_DSF2563_preview.jpeg

 

その蓋を開けたときに感じていただけるわたしたちからのメッセージ

23634711_10214315002938579_1106544879_n

 

日本語にすると以下のようなものでしょうか

 

自信が美しさをつくる

今回お届けするアイテムは、お客様ご自身、そしてお客様のニーズに

これからもずっと 寄り添うものとして

愛情たっぷりに考えぬいて、デザインされています。

kay me は

あなたが大事なプレゼンテーションをするときも

栄光を勝ち取る瞬間も

どんな特別な瞬間も、あなたと共にありたいと願っています。

もっとパワフルに、自信と共にあなたが美しくあるために。

いつもあなたのそばにわたしたちはいます。

kay me

 

いつもみなさんのそばに!

 

kay me BOX は、オンラインから「試着便」またはご購入注文いただいたときにお届け

しています。

 

「試着便」はクレジット情報なしに

最大5枚*までご指定の場所に無料でお届けする大人気サービスです。

(*以前は3枚、でしたが現在は5枚まで可能です)

 

くわしくはこちら

 

よろしければお試しくださいね!

 

素敵な1日をお過ごしください

 

けみじゅんこ

22554566_10214076638899627_294003064_n

 

*******************
kay meの採用情報はこちら

◆スタッフブログはこちら

◆オンラインショップはこちら

◆会社で!自宅で!無料で試着ができる
「試着便」もお試しくださいませ

店舗情報こちら

◆これまでのメディア掲載はこちら

◆kay meインターナショナルサイトはこちら
海外版facebookはこちら
日本版facebookはこちら
Instagramはkaymetokyo@Instagram

愛しのスタイリストさんたち

先日は、kay me 社内で1日スタイリスト研修をしていました。

23634970_10214315002418566_931296873_n

 

kay meでは店舗のスタッフを「スタイリスト」と呼んでいます。

 

お客様にものを売る、というよりも

お客様のニーズやこれから起こるワクワクドキドキのシーンに合わせて

お洋服を提案する、スタイリングする、という意味をこめています

23618809_10214315002458567_1859581873_n

 

kay me も6年目。

もともと組織開発コンサルティングもしていたわたしとしては

社内研修の企画やファシリテーターはもっとも面白い業務のひとつ!

 

でも、そこに

 

スタイリスト、店長勢の中から強者(つわもの)が!

23602364_10214315002498568_917761484_n

 

スタイリスト自ら開発してくれる研修のコンテンツは回を追うごとに力強く

説得力と実践力のあるものに!

 

なんだか、とってもうれしくそしてたのもしいですね。

 

事業も企業も日を追うごとに成長する。

きのうと同じ日は二度とない!

23634593_10214315003778600_1189798262_n

 

一瞬たりともその成長を感じることを見逃したくないですね!

 

みなさんの身の周りにある「成長」はどんなものですか?

また教えてください

 

素敵な1日を!

 

けみじゅんこ

DSCF6948
*******************
kay meの採用情報はこちら

◆スタッフブログはこちら

◆オンラインショップはこちら

◆会社で!自宅で!無料で試着ができる
「試着便」もお試しくださいませ

店舗情報こちら

◆これまでのメディア掲載はこちら

◆kay meインターナショナルサイトはこちら
海外版facebookはこちら
日本版facebookはこちら
Instagramはkaymetokyo@Instagram

前例のない挑戦こそ!

最近、企業様のダイバーシティイベントに呼んでいただくことが多いです

 

先週は、古巣ボストンコンサルティンググループのダイバーシティイベントの

パネリストとして、そして先日はセールスフォースさんのこれまた女性管理職研修の

スピーカーに。

 

みなさん、忙しいコンサルタントや、マネジメントクラス。

 

出てくる質問は、関心の高い話題だと思うのですが

「毛見さんは、投資家への責任と、従業員を食べさせていかなければならない責任と

お客様への責任の間にあると思うのですが、どのように事業をイノベーティブに発展

させていく工夫をしていますか」

という質問がとても興味深かったです。

 

質問って、本当に考えさせられる機会になるので

セミナーやパネルディスカッションに呼んでいただいたとしても

わたしもとても学ぶことが多いです。

 

さて上記についての回答は

「業界や事業の前提や慣例をすべて疑ってみる。

ゼロベースでやり方を考えてみる」

というもの。

 

「意思決定は自分の中にある『違和感』に従ってみる」

ということ。

 

でしょうか。

特に前者については、この6年はその連続だったような気がします。

 

ほかと同じでは、結果もほかと同じ。

 

やはりユニークであること、

はじめて挑戦することにこそ価値を置きたいですね!

 

みなさんの『前例なき挑戦』はなんですか?

また聞かせてくださいね

 

けみじゅんこ

 

23634646_10214315007378690_1031654751_n

(11月12日のLean In Tokyo主催イベントより。リーンイン=「一歩踏み出す」挑戦を

おそれない、素敵な女性たちがたくさんいました!)
*******************
kay meの採用情報はこちら

◆スタッフブログはこちら

◆オンラインショップはこちら

◆会社で!自宅で!無料で試着ができる
「試着便」もお試しくださいませ

店舗情報こちら

◆これまでのメディア掲載はこちら

◆kay meインターナショナルサイトはこちら
海外版facebookはこちら
日本版facebookはこちら
Instagramはkaymetokyo@Instagram