samejimaheader

andu amet代表兼チーフデザイナー
鮫島弘子さんに7つの質問

samejimaprofilenewさめじま・ひろこ 東京都出身。国内メーカーにデザイナーとして勤務後、青年海外協力隊としてエチオピアへ。帰国後、外資系ブランドのマーケティング担当を経て、2012年に株式会社andu amet(「一年(ひととせ)」という意味)。世界最高峰のレザーといわれるエチオピアシープスキンを使い、現地の職人の手仕事によって生み出されるラグジュアリーバッグのブランド。2015年には日系企業としては3社目となる現地法人をエチオピアに設立した。これまでに「APEC若手イノベーター賞」「CHANGEMAKERS OF THE YEAR2015」など受賞歴多数

samejima01

鮫島さんが2012年に起業した「一年(ひととせ)」という意味を持つ「andu amet(アンドゥアメット)」は、世界最高峰のレザーといわれるエチオピアシープスキンを使い、現地の職人の手仕事によって生み出されるラグジュアリーバッグのブランド。

鮫島さんとエチオピアとの出会いは、デザインのボランティアとして現地にわたったことでした。

「 andu ametにつながるビジネスのイメージが生まれたのは、現地で企画したファッションショーが成功したとき。私がデザインしたものを現地の職人が地元の素材を使って製品に仕上げ、手にしたお客様が喜ぶ。日本で携わっていた大量生産、大量消費とはまったく異なる、かかわる人すべてが幸せになるビジネスモデルだと思いました。」

エチオピアの工房での、日々の仕事は国や文化の違いにより、現地の職人たちと信頼関係を築くのにスムーズだったとはいいがたい経験もあったそう。「初期のころは日本の品質や仕事の進め方などを理解してもらえない職人とのやりとりが大変でした。そんな中でもなにか魔法のような特別な解決方法があったわけではなく、少しずつ時間をかけてわかりあっていったという感じです。何度も叱って何度もほめる、いいものを見せる、まずは自分自身が実行してみせる。困難も大きいぶん、美しい製品ができあがってきて、それを手にしたときの達成感や喜びもまたひとしおなのです」

samejima02

≪最近はどんなことに忙しいですか?≫

ふだんはエチオピアで暮らしているのですが、日本との時差の関係から朝は3時に起きます。メールをチェックしてから仮眠をとり、7時に再度起床。8時から工房で仕事とちょっと変則的な毎日です。インターネット環境が整っていないので、日本との打ち合わせやメールのやりとりはひと苦労。週に2日は片道1時間弱をかけてWi-Fi環境がある高級ホテルまで出かけます

≪最近飛行機に乗ったのはいつ、どんな用事ですか?≫

日本とエチオピアの往復以外では、他のアフリカの国へよく買い付けに出かけます。ウガンダの美しいテキスタイル、ガーナのアンティークビーズ、アフリカには日本人がまだ知らない美しい宝物の原石がたくさん眠っています。

samejima03

≪鮫島さんの旅の友≫

チテンジ(アフリカの布):快適さは求められないアフリカのホテルで、ベッドにしいて、虫などから身を守る大きな布を持ち歩くことでどこでも蚊帳のような役割を果たします

 スケッチブックと絵の具:胸に留った印象をそのままに残すにはカメラより最適です

 MacBook AirとiPhone:世界中のどこへいてもこのふたつがあれば仕事ができる

≪オフタイムはどんな風に過ごしていますか?≫

最近犬を飼い始めました。名前は「おもち」。散歩に連れて行くのが楽しいです。それに乗馬も始めました。動物に触れあっている時間が最高の癒しです。

samejima04

≪影響を受けた1冊は何ですか?≫

いろいろありますが、学生時代に読んで以来バイブルになっているのは岡本太郎の「自分の中に毒を持て」。当たり前だと思われていることへの疑問を抑え込む必要はない、価値観はそれぞれ独自でいいんだと気づくきっかけになりました。

≪ビジネスを進める中で、今一番課題だと感じているのはどんなことですか?≫

起業するまでずっとデザイナーだったこともあり、経営者的な視点ではなくデザイナー的な視点になってしまいがちなのが悩み。目の前の売り上げや利益を増やすことよりも、とにかくいいものを作ることにばかりこだわってしまいがちです。

samejima06

≪これから10年の目標を教えてください≫

andu ametを、世界のファッショニスタが憧れる一流のブランドに育て上げたい。それによってエチオピアが飢餓や干ばつのイメージではなく、高品質のレザーやレザー製品を生み出す美しい国だと認知されるようになったら、これほどうれしいことはありません。

samejima07≪kay meについて気に入っている点を教えてください≫

美しく見せてくれて、なおかつ着心地もいいこと。
長時間の移動にも最適です。最近購入した和柄のドレス「お月見パープル」はインターナショナルなパーティーに来ていくと回りの人にいつも褒められています!

着用アイテム:Otsukimi Purple 衿なしカシュクールワンピース

カテゴリーTOPへ➤
kay me TOPへ➤