〜 特集 〜 受賞のお知らせ 

 

みなさん、こんにちは。
kay me 代表 毛見純子でございます。

この度、2014年11月15日(土)に
MIT(マサチューセッツ工科大学)やスタンフォード大学の
世界最大規模の同窓組織

MITベンチャーフォーラム
グローバルグロース部門 ファイナリストとして
登壇させていただきました

(事業プレゼンテーション、質疑応答ともに全編英語)
















 

そしてこれだけでもとても光栄でしたが

・・・なんと・・・

第2位 「新日本賞」というとても栄えある冠を

頂戴いたしました。




 


副賞として JALさんより 
8万マイルの航空券もいただきました


どちらかというとテクノロジー先端ベンチャー起業家が
多いイメージの団体とアワードなだけに
発表されたときは ビックリしてまた光栄で
足ががくがく震えました。

審査員は


駐日米国大使館
伊藤忠テクノベンチャーズ
新日本監査法人
MITベンチャーフォーラム

そして基調講演もされた
HuffingtonPost社元CTOであり
RebelMouse社創業者でもある
Paul Berry 氏などそうそうたるメンバー・・・








Paul Berry 氏と。氏の企業論はとても哲学的で深い感銘がありました


思えば・・・

世界中の女性が 一瞬で華やかに ずっとラクに
お仕事にまい進できるワンピースブランドをつくろう
」と
思い立って3年強。





改めて1人1人のお客様との出会い、いただいたお言葉、
心強く温かく協力支援してくださる方々
そして日夜家族のように時間をともにしてきた
創業メンバーのみんなとの出来事が

走馬灯のように思い出されました。


そして、今回いちから 
英語での事業プレゼンテーションを
指導してくださったのは


2020年東京オリンピック招致のアドバイザリーもされた
EST社 Nick先生



 


ゴールの設定、スクリプトの設計、スライドの見せ方、
話し方や 発音の矯正、発声、立ち居振る舞いなど
全て適格に教えてくださいました。




 

わたくしは外資系コンサルティング会社出身ではありますが
駐在や留学経験がなく 英語は学校で習った程度。


そのぴよぴよレベルから今回のプレゼンテーション、
そして、上記の方々との質疑応答セッションができるよう
短期間で導いてくれた Nick先生には感謝と尊敬の念でいっぱい










末筆となりましたが
MITベンチャーフォーラムご関係者のみなさま
本当にお世話になりました!! 
 
                                       
2014年11月16日 
                                    
kay me 代表 毛見純子

EDM登録
最新&先行発売情報をメール配信中<毎週木曜>
簡単登録はこちら ▶
Copyright (C) 2011-2017 kay me All Rights Reserved.