ホームkay me とはチームと仕事> メンバーメッセージ


メンバーメッセージ

代表取締役
取締役
財務顧問
ITシステム
カスタマー
サポート
オンライン
ストア
プロモーション
服飾
デザイナー
ストア
リーダー
ストア
リーダー


CEO 代表取締役
毛見 純子


幼いころから呉服屋を切り盛りしていた祖母を見て、「自分もいつか『働く』ことで輝く女性を増やす事業をしたい」と思っていました。20代のころはそれがどんな事業なのかわからず法人営業や経営コンサルタントをしながら毎日市場分析をしていたように思います。しかし市場の分析からだけでは決してこれから立ち上げる事業ドメインは決まりませんでした。そこには「なぜやるのか」のミッションが必要だったのです。そして月日は流れ2011年、あることがきっかけで点と点がつながり一夜でkay me の構想はうまれました。
 「挑戦する女性をサポートする」。このミッションとともに創業から6年が経過。たくさんのお客さま、仲間、そして国内工場さんに支えられ、現在、日本(銀座4丁目)と英国(ロンドン)に2つの法人を持ち、7つの店舗と2つのオンラインショップを運営しています。kay me は業界や業種、国籍も含めて出身が多様なメンバーで構成されているのも特徴です。
 事業はひとりではできません。ひとりでできることには限りがあります。「挑戦する女性をサポートする」「made in Japan を世界へ」。このミッションに基づいた事業の成長には更なる仲間が必要です。ぜひ、我こそはという方と直接お話しができますように。熱いエントリーお待ちしています。

プロフィールを見る
Nick 取締役
Nick Faulkner


 英国で生まれ育った私が叔父が営む靴下ニット工場へ初めて足を踏み入れたのは4歳のころでした。その後、子供時代、長い夏休みになるとよくその靴下工場で多くの職人の技術を見て過ごしました。1908年設立の工場の美しい靴下を作り上げる職人技は、その町のDNAの一部と言えるほどでした。日々の暮らしで当たり前に思ってきたシンプルなものが、実は人の手による優れた仕事なしには存在しえないということを、私は学んだのだと思います。
 今、伝統的な技術を必要とする事業が苦戦しているのは、英国でも日本でも同じです。職人技が生み出すものに対する需要はあるのですが、時代の流れとともに産業が進化を遂げなければならないのは不変の事実です。
kay meは、「時代の先を行く」ことを掲げています。kay meは職人が作るものを世に伝えていく者として、そして私たちのビジョンを21世紀に伝えるためにも、最先端の技術を効果的に活用し、お客様が必要とするタイミングと方法でkay meの商品やサービスを届け楽しんでいただければと思っています。
 ファッションという枠を超えて成長するkay meにおいて、エキサイティングなチャンスは数多くあります。そうしたチャレンジを望む方に会えることを楽しみにしています。

プロフィールを見る
Nakamori 財務顧問
中森 真紀子


 kay meと初めて出会ったのはブランドが立ち上がって間もない頃だと思います。広告を見てなんとなく惹かれるものを感じていた私は、仕事終わりにふらりと銀座の店舗に立ち寄りました。当時のお店はマンションの一室でしたが、そこでフューシャピンクのワンピースが目にとまりました。着たことのない、どちらかと言うと敬遠していた色でしたが、試着してみると着やすさが違いました。「仕事の時、これを着たら頑張れる」、そんな気持ちになったのでしょう、その服を購入して帰りました。
それから何年も経ましたが、この時に抱いたkay meの印象は変わっていません。既成概念を持たず、働く女性の世界を広げていこうというミッション、困難にぶつかってもそれを乗り越えようとするタフさ、揺らがない目標を追うひたむきさ。kay meにはそれを身にまとう人の背中を押してくれる力があるように感じます。もっと自由に、もっと自分らしくと。

 kay meのビジョンに共感できる方、既存の枠組みの中で物足りなさを感じている方、自ら問題点を発見し対応できる方、リーダーにもフォロアーにもなれる方、いつもユーモアを忘れない方、そんな方はぜひ一緒に挑戦しましょう。お待ちしております。

プロフィールを見る
Ikue ITシステム

もともとkay me はこれまでのキャリアの中でユーザーとして使ってきましたが、「はたらく女性の挑戦を応援する」というビジョンをいっしょに叶えたく転職しました。これまでは大手外資系IT企業で15年システムエンジニアと戦略コンサルタントをしていました。kay me では新しく開発するシステムなどのプロジェクトなどを任されています。kay me はインターナショナルな選択肢を検討する文化なので、例えばアメリカでもっとも使われているオープンソースを用いてどう構築するのか・・・など毎日が新しいチャレンジの連続です。また入社して一番驚いたのは「前例のないこと」「まだ誰もやってないこと」こそが褒められるという価値観。急速に成長するビジネスの発展を見据えながらなにをどのように活用していくのが最適かを役員やメンバーとディスカッションしながら考える毎日はあっという間に時間が過ぎてしまいます。仕事にオーナーシップやリーダーシップを発揮したい方とぜひいっしょに更なる未来を開拓していきたいですね!
カスタマーサポート カスタマーサポート

 入社前は外資系金融で法人営業、プロジェクトマネジメント等を経験してきましたが、エンドユーザーの声が聞こえるB2Cの事業会社で働きたく、自分自身がファンだったkay meへ転職。元々垣根は作らずに色々な業務に挑戦したいタイプですが、入社したその日からエキサイティングな毎日を送っています。
 自由闊達に意見を述べることが尊重されるカルチャーで、逆に発言しないと快活なメンバーの意見に負けてしまうので(笑)アパレル業界未経験であることにハードルを感じることはまったくありません。「ほかの人と違う考え方」こそ面白がられるカルチャーなので自分のバックグラウンドから発揮できる価値はなんなのかを考える日々でもあります。またスピードと実行力が求められるため、ビジネスパーソンとしての基礎体力や思考力を磨くにはうってつけです。得意の英語力を活かして、外資とは違う環境で世界に向けて日本の良さを伝えていくことにワクワクしています。もっと自分のバリューを発揮できる場所を求めている方、ご応募をお待ちしています!
オンラインストア オンラインストア

 2011年代表毛見が突然「きょうからはたらく女性のための仕事服事業をはじめようと思う」と当時マーケティングコンサルティング会社だった弊社会議で発表してからわたしの人生は変わりました。「あした〇時にこの生地屋さんの前で」と集合がかかったのがkay me の初仕事でした。その後、独学でオンラインショップを立上げ、ときには店頭でお客さまのお声を聴きながら、快適にお買い物ができるようにとオンラインショップに愛を注ぐ無我夢中の日々でした。当時コンサル会社だった弊社からは「アパレルベンチャーをやりたいわけではない」と人が去っていきました。代表と2人で立ちあげた事業も気が付けば今では仲間が50名弱に増えました。
 kay me は多国籍企業で海外にもオンラインを通じてお客さまがたくさんいらっしゃいます。ITでできることは果てしなくあり、日々進化しています。これからの果てない冒険をともにしてくれるチームメンバーを心からお待ちしています。得意分野はなんでも構いません。あなたのキャリアや夢、kay meのこれからについてお話しさせてください。
PRスタッフ プロモーション

ヨーロッパ出身のメンバーと日本のメンバーがひとつの目標に向かっていっしょにはたらいているkay me はダイバーシティという点を含めて素晴らしい職場です。いわゆる典型的な日系企業とは全く異なる環境なので、日本のファッション業界に興味があって、インターナショナルな仕事をしたい人にはまさに最適な環境といえると思います。国内外のkay meのお客様とコミュニケーションし、オンラインでリレーションを形成していくことは試行錯誤の連続ではありますがとても楽しんでいます。日本のお客様やニーズから学ぶこともありますが、それにとどまらず自分自身の経験に基づいてどんな貢献ができるのか?という点も含めて学びの連続です。
 kay meのような成長盛んな企業で働く中で、自分の挑戦の結果をダイナミックに感じることができます。PDCA(Plan, Do, Check, Act)サイクルを通して、進化を続ける日々です。
デザイナー 服飾デザイナー

 ファッション業界に今高まりつつある不安「何のためにFashionを作り続けているのか」私自身その悩みにぶつかっていました。そんな時に出会ったのがkay me。
 「女性が輝くために。挑戦する女性を応援する」その単純かつ明瞭な強い目的を社長の毛見から聞いたとき、私の心の中がすっきりと晴れたのを覚えています。ファッション業界は日々進化していますが、今後はより加速し業態も変わってきます。そのようなアパレルを取り巻く状況の中、揺るがないメッセージを発信し続けるkay meはより多くの女性を笑顔に、そして快活にしていってくれると思います。また役員やほかのプロジェクトメンバーとの距離が近いため「これいい!」と思ったことをスピーディーのチャレンジできるのも魅力です。
 アパレルという枠には収まらず多方面に向かってその発信を続けるkay meだからこそ出来る提案や可能性をご一緒に見つけていきませんか。
スタッフ1 ストアリーダー

 以前は日本の大手アパレルメーカー、欧州のラグジュアリーブランドなどで販売やマネージャーをしておりました。kay me 入社前に顧客として体験した、「ヴィーナスドレープワンピース」に袖を通したときの感動が忘れられず、「この喜びを誰かに伝えたい」と思い入社しました。現在は銀座本店をメインにエリアマネージャーとして日々お客様に喜んでいただけるご提案に取り組んでいます。
 本部や他店から情報を収集し、忙しいお客様にいかにストレスなくお買い物を楽しんでいただけるか、日々代表毛見やメンバースタイリストと研鑽する毎日です。前進がコンサルティング会社だったこともあり、定量分析、マーケティング手法などを仕事を通じて吸収できるのも魅力ですね。
kay me では店舗のスタイリストを「販売員」とは考えていません。「スタイリスト」という名前が示すとおり、お客さま1人1人の生活やニーズをくみ取り的確で最高の提案をすることがお仕事です。
 誰でも入社後、壁にぶつかることがあると思いますがチームで必ず手をさしのべます!やる気のある人の応募をお待ちしています。
スタッフ2 ストアリーダー

 以前はIT企業で宇宙事業の開発プログラマーや百貨店での販売職に携わっていました。どちらも大手企業での若手という存在だったこともあり担当業務を越えて仕事の幅を広げることができませんでした。「新しいことに常にチャレンジし続けられる会社で働きたい」と思っていたところにkay meと出会いました。アパレルは未経験でしたが仕事ぶりを評価していただき現在店長を任せていただいております。
 kay meでは年齢や入社年数、これまでの経験に関わらずヤル気があれば活躍の機会が与えられ、その挑戦を全員でサポートするカルチャーがあります。そして自分にしかない経験を活かした意見やアイデアが評価されます。また多種多様なバックグラウンドをもつスタッフが働いているので多くの知恵が集まり最適解が生まれているように思います。
 日々学びと刺激がありあっという間に時間が過ぎます。私も現在、店舗の業務だけでなくイベントやサービスを開発しています。これからも自分の可能性にリミットを設けず新たなことに挑戦し続けたいと考えています。チャレンジ精神を最大限に発揮したい方、一緒にkay meを世界へ発信していきましょう!


募集職種・エントリー方法へ


ホーム


EDM登録
メールマガジン簡単登録 ▶▶▶
最新作を1日早くご購入&試着便申込みできます
<毎週木曜>
Copyright (C) 2011-2017 kay me All Rights Reserved.